• 無呼吸

    男性の医師

    無呼吸症候群は、主に睡眠時に呼吸が止まってしまう症状で別名、睡眠時無呼吸症候群ともいいます。医療機関でも受診が必要で体質やその人の症状にあわせた治療が必要です。

    Read more
  • 内科にいく病気

    ピンクの薬

    バセドウ病や橋本病などの甲状腺疾患は、定期的な通院と検査が必要になります。飲み薬で治療をすすめていく場合は、薬の効果と副作用を調べるため血液検査が必要になります。

    Read more
  • 自立神経失調症

    病室

    うつ病や精神病などと誤解されやすい自立神経失調症は、自律神経のバランスが崩れたことで起こります。バランスを崩してしまうことで日常生活が困難になってしまう症状なのです。

    Read more
  • 性病検査

    体温計

    自宅で自分の身体になんらかの病気が隠れていないか検査できるキットの中でも特に需要があるのが性病検査キットです。恥ずかしく病院にいけない人でもだれにも知られずに検査できます。

    Read more

現在では

人形の医者

人工透析は拘束時間の長い治療法です

腎臓の機能が低下することで腎不全などの症状になると、腎臓機能を人工的に代替えする医療行為が必要になります。人工透析は、腎臓機能を補う治療法です。治療が必要な人にとって、人工透析は日々の生活にかなりの割合を拘束されます。週三回、一日に4時間から5時間程は、人工透析のための時間が必要です。現在では20万人以上の人が人工透析を受けているといわれています。そのため、都心部では腎センターなど、人工透析を行う病院が数多く設立し、透析が必要な人の通院の軽減を図っています。しかし、地方の病院では思うように病院を増やすことができずに、患者に負担を掛けているのが現状です。通院に電車の定期を使用する人もいて、日々の生活の負担を少しでも軽くすることはできないものでしょうか。

尿毒症を避ける処置を行います

腎臓機能が低下して全く機能しなくなると、腎臓の移植か透析治療を受けざるを得ません。腎臓が機能しないことで尿毒症を避けるために、透析は大きく3種類の処置を行います。それは、老廃物の除去、電解質維持、水分量維持です。多くの場合、血液透析を行います。まずはダイアライザーという透析器を使用します。まずは、動脈と静脈を繋ぎ合わせて血液の取り出し口を作ります。次に人から透析器へ血液を流し、ダイアライザーを経由することで老廃物を取り除き、血液の成分コントロールを行います。その後、ダイアライザーから体内へ健全な状態の血液を流し込みます。体内の血液全てにこれを施すので、かなりの時間を要します。現在では血液透析の他に腹膜透析もあり、患者の症状により医師と相談して治療法を決めていきます。

  • オススメリンク

    吉川内科小児科

    先生が親身になって話を聞いてくれるので世田谷区で透析についての情報を集めているならこちらを拝見してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加